やっぱりセダン?電気自動車まとめ

やっぱりセダン❓電気自動車まとめ は、
電気自動車に関する記事やニュース、話題などを紹介するサイトです。

光岡自動車


こういう車、一回乗ってみたい。。。。

高いのかな??

1 名無しさん@涙目です。(東京都) [ヌコ]
sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
光岡自動車は創業55周年記念モデル「M55 CONCEPT」(エムダブルファイブ コンセプト)を特設ページで公開した。
2023年11月24日から12月16日までは「MITSUOKA 麻布ショールーム/GALLERY 麻布」(東京都港区)で、
2024年1月12日から1月28日までは「MITSUOKA 富山ショールーム」(富山県富山市)で特別展示を実施する。

https://news.mynavi.jp/article/20231116-2819816/images/001l.jpg

1970年代の時代感覚がベースのクルマ?
「M55 CONCEPT」は1968年創業の光岡自動車と同じ「55年の人生」を歩んだ「同世代の方々」がメインターゲット。
「感受性豊かな少年・少女時代に体験したさまざまな出来事や 1970年代の時代感覚をベースに、当時の夢や希望に満ちあふれ、
先の未来を変える大きなエネルギーの中、時代を駆け抜けた方々のマインドを形にしたもの」だという。


(出典 news.mynavi.jp)


(出典 news.mynavi.jp)


(出典 news.mynavi.jp)


光岡自動車は2023年2月に創業55周年を迎えた。2018年には創業50周年記念モデル「ロックスター」、2020年にはミツオカ初のSUV
「バディ」、2023年9月には30年にわたって販売を続けてきたロングセラー「ビュート」の後継モデル「ビュート ストーリー」を発表している。

同社によれば、現時点で「M55 CONCEPT」を商品化する予定はないとのこと。カタログやパンフレットも用意していないそうだ。

https://news.mynavi.jp/article/20231116-2819816/

【【光岡】創業55周年記念モデル「M55 CONCEPT」を公開!】の続きを読む



(出典 www.mitsuoka-motor.com)


オロチはカッコいいと思った‼︎

買えないけど、、、、

1 おっさん友の会 ★
ミツオカブランドを展開している光岡自動車が、2シーター・オープンモデル「Himiko(ヒミコ)」の2024年モデルを発表した。しかし、その年間生産計画はわずか10台。
2023年7月29日(土)より全国一斉発売されるが、抽選ではなく全国の販売店にて先着順での受注・販売となる。

光岡自動車が2代にわたって手がけた「Le Seyde (ラ セード)」は、日産「シルビア」がベースのクラシカルなスタイルが印象的だった。
その後継機種として、マツダ「ロードスター」をベースにクラシックカー風のロングノーズ&ショートデッキの
オープンカーとして登場したのが「ヒミコ」。邪馬台国の女王として君臨した卑弥呼からネーミングされた
このモデルは、現代では稀な流麗なデザインを採用している。その登場は2008年のこと。

続きはYahooニュース Auto Mese Web 2023/07/23 7:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ab58392de5f1c99983ceecbadb35bc3aa0a3d1

【【新車】「Himiko(ヒミコ)」2024年モデルを発表】の続きを読む


光岡自動車あたりはどうだろう???

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
外車、スポーツカー、トラック、商用、業務用の車等は除く。

【【質問】個性的な車が欲しい。150万で‼︎】の続きを読む


個性的な車を作る光岡自動車に初のライバル登場??


1 自治郎 ★
中古車販売等を手がけるロシェルは2023年1月23日、スペインのコーチビルダーHURTAN Automobiles(フータン・オートモービルズ)と正規輸入販売契約を締結したと発表した。同年2月10日にフータン車の輸入販売を開始する。

フータン・オートモービルズはクラシックカーに魅せられたフアン・ウルタードが、1991年にスペイン・サンタフェで設立した少数生産の自動車コーチビルダーだ。クラシックなスタイリングを特徴としており、時代を超えて受け継がれた職人の技と最先端テクノロジーを組み合わせて仕立てられる。

手始めに導入されるのはオープントップモデルの「Grand Albaycin(グランドアルバイシン)」。「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」のスペイン仕様をベースとしており、クラシックな「ヘリテージ」とスポーティーな「ビスポーク」の2タイプをラインナップするほか、ルーフも「カブリオレ」と「タルガ」の2タイプを設定。エンジンも最高出力132PSの1.5リッターと同184PSの2リッターが選べる。ボディーカラーやシートの素材・縫製・パイピングなどは好みにカスタマイズ可能で、世界に一台の自分だけのクルマがつくれるという。

価格は910万円からで、為替レートにより変動する。

フータン・グランドアルバイシンの主要諸元は以下のとおり。

・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1820×1225mm
・駆動方式:FR
・エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/2リッター直4 DOHC 16バルブ
・トランスミッション:6段MT/6段AT(タルガのみに設定)
・最高出力:132PS(97kW)/7000rpm(1.5リッター)/184PS(135kW)/7000rpm(2リッター)
・最大トルク:152N・m(15.5kgf・m)/4500rpm(1.5リッター)/205N・m(20.9kgf・m)/4000rpm

(webCG)

2023.01.23
https://www.webcg.net/articles/-/47703

【【登場】ミツオカのライバル‼︎ スペインのフータン・オートモービルズ】の続きを読む


コレは当てた方が可哀想になる金額、、、

ま、保険使うなら、、、

1 朝一から閉店までφ ★
2022.12.19

著者:
ENCOUNT編集部

https://encount.press/archives/396390/



マツダ・ロードスターを1930年代のクラシックカー風にアレンジしたカスタムカー

「光岡自動車、かすっただけでこうなる」。光岡自動車の名車「ヒミコ」の修理代金を公開した投稿が、車好きの間で話題を呼んでいる。短期間に2度も愛車をぶつけられたという投稿者のゐぬこさんに、同車の魅力と事故の意外なてん末を聞いた。
 特徴的な車体が特徴のヒミコは、富山県に本社を置く光岡自動車がマツダ・ロードスターをベースに1930年代のクラシックカー風にアレンジしたカスタムカー。「宝石すら、嫉妬する。」をキャッチコピーに、女性オーナーを中心に多くの支持を集める逸品だ。
 ゐぬこさんが同車と出会ったのは2年前。ベースのロードスターも含め、トータル500万円ほどで購入したという。

「もともとクラシックカーに憧れがあって、日産のフィガロやシボレーのコルベットに乗りたかったんですが、古い車やアメ車は壊れるのが不安で……。ヒミコは職人がボディーをひとつずつ手作りしていて、クラシックカーらしいかわいい見た目の反面、性能は最新型というところにひかれて決めました。こだわりはレジンでタンポポを固めたシフトノブ。シートベルトカバーもクマさんにしたり女の子っぽい内装にしています」
 お気に入りの一台を手に入れたゐぬこさんだが、愛車とは苦い思い出も。昨年1月、十字路で横から現れた車に衝突される事故に遭遇。修理に出した愛車が戻ってきたのも束の間、3月には駐車場に停めていたところを酒気帯び運転の車に擦られるという災難が続いた。

 1度目の事故でかかった修理費用は約270万円。2度目の事故は右前輪のフェンダー部分に傷がついた程度だったものの、請求金額はなんと300万円超にものぼった。修理明細書を公開した投稿はSNS上で大きな反響を呼んでいる。
「コーティング代、代車料金、全部込みで307万円ほどでした。バンパーがある普通の車と違って、ボディーが一枚板でできてるので、事故でゆがみが発生すると全部交換しなくちゃいけないんです」
 不幸中の幸いだったのが、事故の相手が酒気帯び運転だったにもかかわらず、自ら警察に届け出たことだ。

「ある意味得体の知れない車なので、怖くなったのかもしれません。そのまま逃げられたらいろいろと面倒だったので、正直に連絡してくれたことはよかった。費用も全額保険で支払っていただけました」
 一連の投稿は驚きの声とともに、車好きの間でも話題に。災難に見舞われたゐぬこさんだが、「光岡自動車やヒミコをもっと多くの人に知ってもらいたくて投稿しました。いい話ではありませんがこんなにすてきな車があるんだと知っていただくきっかけになればうれしいです」。美しい1台をこれからも大切に乗り続けていくつもりだ。

https://encount.press/archives/396390/2/
次のページへ (2/3)
【写真】諸々込みで総額「307万2617円」、実際の修理明細書

【【衝撃】かすっただけで300万円⁉︎ 修理費たかっ】の続きを読む

このページのトップヘ