やっぱりセダン?電気自動車まとめ

やっぱりセダン❓電気自動車まとめ は、
電気自動車に関する記事やニュース、話題などを紹介するサイトです。

国産車


アイドリングストップって、燃費の節約になったのか??

1 自治郎 ★
ダイハツ工業は2023年1月24日、一部車種にアイドリングストップレス仕様(eco IDLE非装着車)のグレードを追加設定し、同年4月11日に発売すると発表した。

同社によれば今回の措置は、世界的な半導体不足や新型コロナウイルス感染拡大などに起因する部品の供給不足によるもの。

依然として部品供給の見通しが不透明であるなか、ユーザーに早く商品を届けるべく、アイドリングストップ機能のない新グレードを追加設定し、選択できるようにしたという。

対象となる車種は「タント」(フレンドシップシリーズを除く)および「タフト」「ムーヴ キャンバス」で、アイドリングストップレス仕様の価格はアイドリングストップ付き仕様に対し、一律3万3000円安となる。(webCG)

2023.01.24
https://www.webcg.net/articles/-/47705

タント

(出典 webcg.ismcdn.jp)

【【やっと?】「タント」「タフト」「ムーヴ キャンバス」でアイドリングストップしない新グレード】の続きを読む


この機能は画期的?通報機能搭載

1 黒トラ(茸) [US]
「110番通報しますか?」 トヨタ新型「プリウス」に初採用! あおり運転防止に「効果アリ?」 な安全機能とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d728712a85f9137b0dacf430a46a12d2759b8c9



新たに採用された3つの安全機能とは
 トヨタ新型「プリウス」のシリーズパラレルハイブリッド車が2023年1月10日に発売されました。
 
 そんななか、新型プリウスにトヨタ初採用の新たな機能が備わったといいますが、どんな機能なのでしょうか。

【画像】 本当にプリウス…? 全面刷新でこんなに変わる? 新旧プリウスの内外装を実物で比較する!(58枚)

新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、従来の強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたエモーショナルなクルマを目指して開発されました。

 今回、先進安全・運転支援システムではトヨタブランドとしてメーカーオプションで3つの機能が初採用されました。

 なかでも特徴的なのは、「周辺車両接近時サポート(録画機能・通報提案機能)」と呼ばれるシステムです。

 後方の車両が非常に接近してきた場合に、ドライバーに対して警察もしくは専用のヘルプネットへの通報を提案するほか、クルマにドライブレコーダーが設置されている場合にはその状況を自動で録画し、専用の記録領域へ保存する機能があります。

 事前に携帯電話を車内のディスプレイオーディオとBluetoothで接続していれば、ディスプレイに「お困りですか? 110番通報しますか?」などと表示されるため、ハンドル部分にあるボタンを操作して警察に通報できます。

 社会問題化しているあおり運転への対策を意識して搭載された機能といえるでしょう。

このほか、「後方車両接近告知」と呼ばれる機能では、後方の車両をミリ波レーダーで検知し、接近してきた場合に車内のディスプレイに表示したり、ブザーで知らせてくれます。

 また「セカンダリーコリジョンブレーキ(停車中後突対応)」もトヨタブランドとして初採用。

 停車中にも後方の車両を検知し、追突される可能性が非常に高い場合に、自動的に自車のブレーキを作動させるというシステムで、ブレーキを作動し、前方の車両に追突する二次被害を軽減・回避する目的で搭載された機能が備わりました。

【【新技術】新型プリウスに110番通報機能!】の続きを読む


日本の道には車がデカすぎる。

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
アルファード全長4950mm
新型クラウンセダン全長5030mm

新型クラウンセダンデカすぎいいいい!!

(出典 i.imgur.com)

【【ところで、、】とても大きくなった、新型クラウンセダン】の続きを読む


この話、ほんと???

1 風吹けば名無し
ガチで買うしかないやろ

【【衝撃】トヨタMIRAI(700万)、中古価格150万円で販売されてるらしい】の続きを読む


日本の道には大きすぎる?

1 コーニッシュレック(東京都) [SE]

全幅拡大版の3列シートSUV、新型「CX-90」が、2023年1月31日にワールドプレミアを予定していることが、北米マツダから告知された。

(出典 i.imgur.com)

そして、パワートレインラインアップの一つに、新開発の「3.3L 直列6気筒 e-SKYACTIV ガソリンターボ エンジン」が用意されることが予告された。
その最高出力は340HP、最大トルクは369lb-ftに仕上げられ、これはマツダのエンジン史上最も高いパフォーマンスとなる。
さらに、マイルドハイブリッドシステムも備わっており、パフォーマンスを妥協することなく、優れた燃料消費率が提供される。

日本市場へ導入予定のナロー版「CX-80」への搭載も期待される。
(続きあり)
https://car-research.jp/cx-80/mazda-80.html

【【注目】マツダ史上最強ガソリンエンジン「340馬力 3.3L 直6 ターボ マイルドハイブリッド CX-80】の続きを読む


もっと、かっこいい軽自動車が増えれば、、、ね

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
こんな魅力的な車出されちまったらなー


(出典 i.imgur.com)

【【画像】コレでもダサい?軽自動車ですが?】の続きを読む

このページのトップヘ