やっぱりセダン?電気自動車まとめ

やっぱりセダン❓電気自動車まとめ は、
電気自動車に関する記事やニュース、話題などを紹介するサイトです。

EV


細かいところのリコールが多いイメージ

1 nita ★
9/23(金) 12:30配信
朝日新聞デジタル


 米電気自動車(EV)大手テスラが、約110万台のリコール(回収・無償修理)をすることが明らかになった。米高速道路交通安全局(NHTSA)が公開した19日付の書簡によると、窓を自動で閉めるパワーウィンドーの力が基準より強く、手や指を挟んでけがをする可能性があるという。

 対象は、2017~22年に製造された主力セダン「モデル3」や「S」、SUV(スポーツ用多目的車)の「モデルY」と「X」の4車種。同社の昨年の世界販売(約94万台)を上回る規模となる。NHTSAによると、この問題によるけがや事故は報告されていないという。

 一方、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はリコールについて「無線でおこなう、わずかなソフトウェアのアップデートになる」としたうえで、「(リコールという)用語は時代遅れで不正確だ」とツイートした。(サンフランシスコ=五十嵐大介)

https://news.yahoo.co.jp/articles/825ac7e11264a3916445b5285a440a07b9944483

【【EV】てか、多くね?テスラが約110万台リコール 】の続きを読む


今の新型は全部こんな形なんかな??

【【注目】新型EV ヒュンダイ製 がこちらです。wwiwwwiwwwiwwwiwwwiwwwiwwwiwwwiwwi】の続きを読む

  • カテゴリ:

大混雑、、、、、、、

【【日本の未来?】EV先進国ノルウェーの給電の様子】の続きを読む


まずは物流からってことで
スクリーンショット 2022-09-13 18.12.22

1 ムヒタ ★
大手商用車メーカーが、走行距離に応じて電池の容量を3種類から選べる新型のEVトラックを発売します。脱炭素への対応を迫られる国内の物流業界では、このところ中国で生産されたEVを導入するケースが相次いでいて、競争が本格化しそうです。

三菱ふそうトラック・バスは、今月、小型EVトラックの新型モデルを来年春に発売すると発表しました。

新型モデルは3種類の電池の容量を用意し、走行距離を80キロ、140キロ、200キロから選べるのが特徴で、距離や価格の選択肢を広げて、物流業界の需要を取り込むねらいです。

安藤寛信開発本部長は「脱炭素社会の実現に向けて、さまざまなお客のニーズに応えることにこだわった。EVの普及に向けて、充電インフラの整備など、さまざまな業界と一緒に取り組んでいきたい」と話しています。

小型のEVトラックでは、日野自動車がことし6月、1回の充電で150キロ走行できるモデルを発売したほか、いすゞ自動車も今年度中に初めてのモデルを発売する計画です。

物流業界も脱炭素への対応を迫られる中、国内の新興メーカーが開発し、中国メーカーに生産を委託したEVを大量に導入するケースも相次いでいて、今後、競争が本格化しそうです。
2022年9月12日 6時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220912/k10013813741000.html

【【EV】小型EVトラック 国産 新型発表相次ぎ競争本格化へ】の続きを読む


やっぱり、電気自動車はまだ早い???

一応、このサイト、電気自動車応援してるんだけども、、、、

1 風吹けば名無し
買わないほうがいい😡

【【意外と。】電気自動車を買ってみました。それから】の続きを読む

  • カテゴリ:

まぁ、世の中の流れってやつですね、、、
スクリーンショット 2022-09-02 15.54.58

1 へっぽこ立て子@エリオット ★
日産は主力のEV「リーフ」を値上げする

日産自動車は1日、原材料や物流費の高騰を受け、主力の電気自動車(EV)「リーフ」の国内価格を値上げすると発表した。値上げ幅の詳細は今後明らかにする。現在の価格の製品受注は9月下旬に一時停止する。日産が大幅なモデル改良を伴わずに普通車の値上げに踏み切るのは異例。三菱自動車やSUBARU(スバル)など中堅メーカーは8月に一部車種を値上げしており、大手にも影響が広がり始めている。

受注停止は22日から。受注再開の時期は改めて告知する。一部小幅な改良が含まれる可能性もあるという。

現在のリーフの価格はバッテリー容量が40キロワット時のタイプで370万円から。4月のモデル改良の際には最大19万円値下げされたが、鋼材やバッテリー、物流コストの上昇に伴い、再び価格が見直されることになる。他の車種の値上げについては「今後は状況を見ながら検討していく」(同社)とした。

他社では、三菱自が8月にミニバン「デリカD:5」など2車種を約2%値上げした。10月ごろにも主力の多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダーPHEV」を約3%値上げする方針だ。スバルも8月下旬に主力SUV「フォレスター」を2%値上げ。マツダも「CX-30」など2車種を3%値上げした。いずれも小幅な改良にとどまり、原材料高による値上げの側面が大きい。

2022年9月1日 13:03
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC012H30R00C22A9000000/

【【悲報】日産「リーフ」も⁉︎ 異例の値上げへ】の続きを読む

このページのトップヘ