やっぱりセダン?電気自動車まとめ

やっぱりセダン❓電気自動車まとめ は、
電気自動車に関する記事やニュース、話題などを紹介するサイトです。



1 名無しさん@電波いっぱい

エンジンRCについてマターリ語り合いましょう。

荒らし、煽りは完全無視・放置でお願いします。



【【RC】エンジンラジコンカー】の続きを読む



1 名無しさん@そうだドライブへ行こう

・お金が無い貴方
・車の構造をもっと知りたい貴方
・機械弄り・パズルワーク全般が好きな貴方
・お気に入りの愛車をより良いモノにしたい貴方
・プロが信用できない貴方

そんな貴方は是非ともDIYに挑戦して下さい


【【メンテ】自分で車を整備しよう !!!】の続きを読む


デザインがイマイチ人気ない感じですね、、、

1 自治郎 ★

トヨタ自動車は2022年4月20日、レクサスブランドの新型車「RZ」の詳細を世界初公開した。

■スピンドルはグリルからボディーへ

パワートレインはフロントに最高出力150kW(204PS)、リアに80kW(109PS)の駆動用モーターを搭載した4WD「DIRECT4(ダイレクトフォー)」で、車輪速や加速度、舵角などの情報に基づいて前後トルク配分を100:0~0:100の間で制御する。発進時や直進加速時にはピッチングを抑制しつつダイレクトな加速感が得られるよう前後60:40~40:60程度で配分。コーナリング時にはステアリングの切り始めを75:25~50:50とする一方で、コーナー脱出時は50:50~20:80とリア寄りにトルク配分し、トラクション性能を確保しながらピッチングを抑制。気持ちのいい旋回フィーリングを実現したという。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は71.4kWhで、WLTCモードの一充電走行距離は約450km(開発目標値)とされている。RZはレクサス初の電気自動車(BEV)専用モデルであり、BEVを軸としたブランド変革の起点に位置づけられている。BEV専用プラットフォームの採用やバッテリーとモーター配置の最適化による理想的な慣性諸元、軽量かつ高剛性なボディーなどにより、既存のモデルよりも車両の基本性能を大幅に進化させている。

ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4805×1895×1635mmで、ホイールベースは2850mm。レクサスとしては初となるBEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用し、バッテリーのフロア下への搭載による低重心・低慣性モーメントを実現したほか、ラジエーターサポート部に補強を施すなどしてボディーを強化している。さらに、タワーバーとフェンダーブレースによってステアリングの応答性を、ロワバック部の補強によってリアの追従性をそれぞれ強化。グレードによっては前後に「パフォーマンスダンパー」も装備する。サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラットでリアがトレーリングアーム式ダブルウイッシュボーン。路面入力の周波数に応じて伸び側ストロークの減衰力を変化させる周波数感応アブソーバー「FRD II」をレクサス車として初採用した。

ボディー骨格の接合部にはレーザースクリューウェルディングや構造用接着剤、レーザーピニング溶接技術を積極的に採用し、ラゲッジ開口部は二重環状構造と高剛性発泡剤によってゆがみにくい構造に。アルミフードに加えてドアモールディングやホイールアーチモールディング、バックドアガーニッシュを発泡樹脂成型とするなどして軽量化を追求し、航続可能距離の伸長を図っている。

エクステリアデザインのコンセプトは「Seamless E-Motion(シームレスエモーション)」とされており、BEVならではのシームレスな加速感とトルクフルな躍動感を表現。内燃機関を搭載しないBEVの機能的な必然性から、レクサスのアイコンであるスピンドルグリルに代えてフロントまわりを「スピンドルボディー」と名づけた新しい塊造形とすることで独自性をアピールしている。ボディーカラーにはフロントマスクからボンネット、ルーフをソリッド*としてスピンドルボディーを強調した新しいバイトーンカラーを採り入れている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

2022.04.20
https://www.webcg.net/articles/-/46214

レクサス RZ

(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


(出典 webcg.ismcdn.jp)


【【レクサス】「RZ」が鮮烈デビュー ブランド初のBEV専用モデル】の続きを読む


トヨタ クラウンセダンのEVが欲しいです。

1 @番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です(埼玉県) [US]


リーフ選ぶ意味なくてワロタ

【参考】
日産リーフ(62kWh)
前輪駆動
450万円
WTLC航続距離458km
トヨタプリウスと同じサイズ感

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


ヒュンダイアイオニック5(58kWh)
後輪駆動
480万円
WTLC航続距離498km
ポルシェマカンと同じサイズ感

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【自動車】「レクサスRZ」が鮮烈デビュー ブランド初のBEV専用モデル [自治郎★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650466504/


【【悲報】韓国ヒュンデの新作EV、ガチで日本車を抜きそう】の続きを読む


条件付きで、日本でもバックカメラが義務化になるそうです。

4 名無しさん@お腹いっぱい。

欲しい車は10年前のカマロw
周りから大反対されているが昔から欲しかった
それなりに壊れるのは覚悟してる


【【義務化?】バックカメラ。アメリカに続いて日本も、、、】の続きを読む


これは流石に借りた方が悪いですね、、、

1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [IR]


茨城県守谷市内の利根川河川敷で、オフロードにも使える車種のレンタカーが泥水にはまって立ち往生する様子の写真が、ツイッターに投稿された。

スカイレンタカーでは、ノーマルタイヤで貸し出しており、公道以外は走れないはずだった。レンタカーの借り主は、今回のことを反省して謝罪し、修理代などを負担すると話したという。

小さな池のような水溜りに、荷台のあるピックアップトラックの黒っぽい車が、泥だらけになって止まっている。

車体の底面よりやや上まで浸かっており、後ろから見ると、マフラーに水が入り込んでいそうなほどだ。

これらの写真3枚は、2022年4月18日にツイッターで投稿された。

オフロードバイクの仲間が現場で遭遇し、そこで撮った写真の提供を受けたという。投稿者は、ノーマルタイヤのレンタカーで河川敷を走るとは、無責任であまりに酷いと苦言を呈した。

この写真投稿は、その無残な立ち往生ぶりが話題になって、6000件以上もリツイートされている。

投稿者は19日、J-CASTニュースの取材に答え、レンタカーが泥水にはまったのは、18日正午前だと聞いたとした。車の中にいた人は、運転席のドアを開け、汚れないように泥水をまたいで脱出したという。オフロードの初心者のように見えたため、投稿者の仲間が水溜りにスタックしたときの車の運転などをアドバイスしたそうだ。

結局、車での自力脱出はあきらめ、ロードサービスの業者に頼んでショベルカーで引っ張ってもらったという。

泥水にはまったレンタカーは、スカイレンタカーが貸し出したトヨタのハイラックスGRスポーツだった。

このアクシデントを受けて、スカイレンタカーの公式ツイッターは18日、「諸事情により、ハイラックスの貸出を一時停止しております」とアナウンスし、貸出を再開できるよう努めると説明した。

https://www.j-cast.com/2022/04/19435691.html

(出典 www.j-cast.com)


【【悲報】全額弁償‼︎ 泥水にはまったノーマルタイヤのレンタカー】の続きを読む

このページのトップヘ